まゆげ

最近娘の眉毛を整えてあげている。
確か娘が二年生くらいの頃かな? 眉間に産毛がくっきりと生えているのが濃く見えて、それが繋がっているようだから、同級生の男の子たちから「かもめ眉〜」とからかわれたことがある。
その当時は気にすることないと言い聞かせたものの、六年生にもなれば気にしないわけにいかず、整えてほしいと訴えるようになった。
最初は、抜いたり剃ったりすれば毛穴が広がってますます濃くなるよ、と諸説を言って説いていたけれど、思春期の女の子に諸説などよりも外見がどうあるかが気になってしかたないからとにかく整えてほしいだけ。
娘のつよく訴える気持ちは何十年も昔、ちょうど娘と同じ年頃の自分と重ね合わせる。私も娘と同じ年頃に、娘よりも眉間の産毛が濃く繋がっていたので、娘と同じ様に男子からしつこいくらいからかわれたのは苦い思い出だった。母親に訴えても気にするなの一点張りで悲しく辛い思いをしたので、娘にはそんな思いをしてほしくないと思って整え始めた。




眉毛を整えながら、
ママは眉毛が繋がっていようがどうあろうがかんちはかんちにかわりがないし、外見でどうのこうの言うような人間は表面でしか人を見ていないのだから放っておきなさい、そのかわりちゃんとかんちを見てくれている人は絶対にいるのだから気にすることない。そしてかんちはそんなからかうような人になったらあかんよ。
と言い聞かせるのである。
最後の、そんなからかう人になったらあかん、と言う言いつけは守ってないけどね!
とにかく、太くてきりっとした眉毛は、凛と力強くて素敵だと私は思う。娘のチャームポイントでもある。
いつかは自分で自分なりにケアをするようになるのだろうから、お願い〜と可愛く頼んでくるのも今のうちだけだと思って眉毛ジョキジョキと堪能している。
                   

Comment








   

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

profile

selected entries

categories

Recent Comment

Archives

Links

Twitter

Recommend

Recommend

Recommend

Others

Search

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM