はるおとすーもの七日間戦争(1)



1月17日(日曜日)
話は遡ると秋ぐらいから「もう一匹猫投入計画」をじわじわと練っていました。
できればペットショップではなくキャッテリーさんから引き取らせていただこうと考えていたところ、いろいろあって「もう一匹猫投入計画」が薄れていったときに、理想の子を発見!…したのは夫でした。
迷うこと一時間くらい(早い!)メールで連絡をとり、17日に見学という形で申し込ませていただきました。
しかし見学だけとは名ばかりで、当日になる前から既に引き取る気持ちでいたので(夫にはどうしようどうしようと言っていたのだけど)…きっと会えば気持ちも固まると思ったんですよ。
けれど実際キャッテリーさん宅へ行き、お父さんお母さん猫、お姉ちゃん猫、姉妹猫を見せていただいたら、こんな幸せそうな家族から一匹引き取らせていただくことに申し訳ない気持ちになったり、でもますます責任感というものを強く感じたり…
正直複雑な気分でした。
とくにまだおっぱいを飲んでる(離乳しているけれど)(というかお母さん猫に怒られても銜えているとか)話を聞かせていただくとね、やっぱり、引き剥がして連れてきてしまうので、ごめんなさいという気持ちと大事にさせていただきます、そんな気持ちを拙い言葉でしたがお伝えしました。

すももという名前はわたしがつけました。
他に「うめ」とか「ゆず」とかあったんですが、決まった夢しかみないわたしが猫の夢を見て、その中でずっと「すもも」と呼んでいたので、すももになりました。単純すぎる。
あだ名はすーもです。すもすもすーも、のすーもです。

すもも、帰り道は特にパニックになったり暴れたりせず、時折ピーとなくけど蚊の鳴くような小さな声でほとんど寝ていたので、なかなか肝の据わった女です。
帰宅後はるおとはケージ越しにご対面。案の定、はるおはケージ越しにフーシャーを繰り返す。まあ良い。それは許容範囲である。
そしてすももにはよく噛まれる…はるの幼少期を彷彿させる行動に悪夢が過る…ま、まさか!とびびるわたし。
しかし良く観察してみると、どうやらおっぱいを探しているよう…もみもみしたりする。恋しいのだろう。もみもみをみるたび切なくなる。

はるおとの関係からすーもはすばらく子供達にまかせることに。すーもも子供達が大好きで一緒になってはしゃいでいる。
この日の夜は、子供達とすーも、三人一緒に朝までぐっすりお休みしました。
なかなかいいかんじ。

一方はるおは、今のところ何かがいる!と不穏な空気を感じ取っている以外は、おかしな行動はみせていません。小さいときから思っていたことだけど、はるおは本当に我慢強い子、そして優しい。
いろいろありがとう。

すももは
スコティッシュフォールドの女の子
11月11日生まれ

OPのゾロと一緒!(笑)

すーもメモ
体重は計測不可能
おそらく1キロはあると思うので、固形ごはんを一日60グラムあげています。
よく食べてよく水を飲み、よくあそぶ、元気な女の子。
ユーカヌバ子猫用 チキン味
はるおの幼少期はロイヤルカナンのキトンをあげてました
ユーカヌバ子猫用はカナンキトンに比べて粒が小さいような…あと匂いがあまりしない。
カナンキトンはむっちゃ美味しいにおいしてたから思わず食べてみたい衝動に駆られたことも。
飽きるようだったらカナンキトンに変えようかな、と思ってます

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
                   

Comment








   

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

profile

selected entries

categories

Recent Comment

Archives

Links

Twitter

Recommend

Recommend

Recommend

Others

Search

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM