魔王 降臨








このごろはるさまによく噛まれる(いつものこと)
しかし家族がいないとごろごろ喉を鳴らして甘えてくる(いつものこと)
そこへ誰かがやってきたらわたしは噛まれる(いつものこと)
噛まれても ハハハハハハハ わたしは笑う(いつものこと)
もう笑うしかないのだ(いつものこと)


にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ


はるおの噛み癖は子猫のときからひどく、現在も子猫時代より頻繁でなくなっただけで
相変わらず気に食わないことがあったり、気分が高揚し行き場を失った気持ちを
ぶつけられることも多々ありますが(しかも成猫なので子猫のときより数段痛い)
夫に対しては上下関係がしっかり確立されているのでうっかり噛み付いてしまったときの
はるおの「や、やばい!」という狼狽え方は面白いです。
わたしとはるおは上下関係が全くと言っていいほどないので
わたしがはるおに襲われている姿を端から見ればDVのようです…
噛み癖をやめさせる、させないは「お前より俺のほうが上」というのを
子猫時代よりしっかり植え付けたほうが効果的かもしれない(飴と鞭、のような感じで)
夫とはるおの関係を見ていたらそうなので。
そこのところ人間の子供を育てるのと同じ感覚、なのかもです。
繰り返して言い聞かせるところなんか 育児そのものです
しかしわたしは注意の仕方が中途半端なのではるおになめられています
わたし自身その辺は「まあいいかなあ」と思ってます
ときどき噛まれすぎて嫌になるんですが冷静になりよくよく考えてみれば
そう仕向けてしまったのはわたし自身なのではるおのことはすべて受け止めます
とは言っても噛まれると痛いしひどい傷になるので
暗雲が立ち籠める前にトイレに逃げるなど はるおの目の前からいなくなるようにしています
そうするとはるおも落ち着きを取り戻し鎮まるようです
                   

Comment








   

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

profile

selected entries

categories

Recent Comment

Archives

Links

Twitter

Recommend

Recommend

Recommend

Others

Search

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM