はるおとすーもの七日間戦争(8)


ワクチン接種後のすーも

1月24日(日曜日)
今日はすももが我が家の一員になって7日になる。
昨日はワクチンを接種したので今日も元気がないのかと思いきや、ごはんを食べるのもそこそこにはると走り回る程元気です。よかったー、昨日は本当にぐったりしていたのでどうなるかと…ちょっと心配しすぎかな。
うんちも立派なものでした。
はると顔を合わせても、相変わらずチョッカイかけたり追いかけたり、はるが思ったより大人でクールなので、すももが飛びついてもあっさりと躱す姿をよく見ます。
昨日から行き過ぎたりするとがっつりとまでいかないけれど、はるがすももを噛んだりしていたので、怪我をしない程度でやってくれればいいと思う。
追いかけっこの最中に、ときどきはるがすーもに噛み付くこともしばしば見られるようになったけれど、別段仲が悪い様子は伺えないので、はるおとすーもの七日間戦争はこれにて終幕です。
ふたりの距離が縮まるのに本当はもっと時間がかかるかなーと思ったんだけど、彼等は飼い主の心配も余所に、彼等は彼等なりに適当にやっているようです。猫の世界は奥深い。そして面白い。
時折、すももってほんまにスコなん?って疑ってしまうほど活発で元気!それもそうかな。まだ二ヶ月ちょっとの赤ん坊ですもんね。はるもそんな感じでした。元気がなによりです。
すーもが我が家にきたことで、はるの知らなかった一面をしる切っ掛けになったこともよかったです。そしてはるはマジですーもがすきみたい!わたしが嫉妬するほどに!(笑)

おわり

(おまけ)

ねこがおちています


にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
                   

はるおとすーもの七日間戦争(7)


おかあさん似なすーも
すーものお母さんもきりっと凛として綺麗な猫さんでした

1月23日(土曜日)
ふたりで追いかけっこしたり、たまに取っ組み合いになったりするけれど、もうはるはしゃーともふーとも言わなくなったので、ごはんや休憩時間、夜寝るとき以外はドアを開放していることが多くなりました。
かるい取っ組み合いの最中に、はる、耳のところを怪我する。といっても爪で引っ掻かれたかるい引っ掻き傷なので大丈夫でしょう。ごめんね、はる。

今日は三種混合ワクチンの日。
はるがお世話になっている動物病院ではなく、別の、以前から動物病院を変更しようと思っていたので、新しい病院へ行ってきました。
先生は穏やかで優しそうな先生。そして手際の良さはぴか一です。
はるの三種混合ワクチンのときは、たいして暴れてもいないのに打ちミスがあったり、去勢手術のさいの血液検査のときも注射針が折れ曲がったりとか、不信な点が多かった分、こちらの動物病院はとても好印象でした。
はるもこれからお世話になろうと思ってます。

やはりワクチンを打ったあとなので、日中ぐったりしていたんだけれど、ごはんはしっかり食べるし、夕方頃にはこちらが心配になるくらい元気に走り回っていたので、ほっと一安心。
二回目の予防接種は来月です。
はるもすももも立派なうんこを生産しました。よかったよかった。

今日からごはんをユーカヌバとアイムスをブレンドしたものをあげています。
アイムスは粒が大きすぎるので食べ辛いかな?一段と食べ遊びが増えたようにも思う…

アイムス子猫用 うまみチキン
すももの体重1.3キロ!


にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
                   

はるおとすーもの七日間戦争(6)


わたしを誘惑します…ペロリ

1月22日(金曜日)
朝からすーもウンチ騒動勃発!どうやら猫砂にうんちがついたままジャンプしたので辺りに散らばった模様…
昨日から一日三回ほどはるおとすーもを一緒にさせているので、はるおもすーももお腹壊したりしないかな、調子悪くならないか心配だったけど、二日目の今日も、ふたりとも立派なうんちを生産しました。えらいなー
そして昨日よりも今日、わーわー走り回るけど大きな喧嘩もなく、ときどきはるおがすーもに追いかけられたりちょっかいを掛けられたりと若干押され気味ではあるものの、おかあさん役のわたしとしては肩すかしな感じです。
もっと派手なバトルがあるのかと思って覚悟してたのに!
はるおとすーもをみていたらトムとジェリーのよう。トムがはるおでジェリーがすーも。
いやでも…トムほどはるおは喜怒哀楽は激しくないか。はるおはすーもの存在をきちんと認識している上で、自分らしさも忘れていないクールな男です。はるおはえらい子!

すーものもみもみがすくなくなる。眠たいときにときどきしているのを見るだけになる。
きのうは一緒に横になっていたらわたしのお腹でもみもみしていた…モミ応えあったあだろうと思う。

ちゃくちゃくとふたりは距離を縮めていっている(と思う)と言っても、今はまだ一日三回だけですが。それ以外はすーもは和室で箱入り娘状態です。

(おまけ)

相変わらずはるおの尻は無防備ですが…
炬燵の住人がふえました


にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
                   

はるおとすーもの七日間戦争(5)


はるがギョエエエエエエエエエ!!!!!みたいな顔になってておもしろい

1月21日(木曜日)
今日も朝からはるおとすーもの逢瀬ではじまりました。昨日の夜、すこしだけ遊ばせたこともあり、部屋からすーもが出てくる瞬間ふーと鳴いたはるおも、鳴いたのはそれっきりでふたりとも元気に走り回ったり、ちょっかいだしたりだされたり…見ていてほのぼのしました。
予想外にはるおの順応性の高さに驚き、すーものほうがびびりまくってる感じがあるけれど、それもいづれ収まってくるんじゃないかと思わせる空気です。
すーも、朝からうんち。昨晩のこともありお腹壊してないだろうかと心配だったけど、しっかりかりんとううんちだった。
そしてはるも、立派なうんちをしてました。よしよし、いいかんじだ。


にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
                   

はるおとすーもの七日間戦争(4)



物色する男とその男を狙う女

1月20日(水曜日)
今朝は布団を上げて掃除をするまえにはるさまとすーもが対面しました。思ったとおりの警戒っぷりのはるおにくらべて、すーもは腹が据わった女です。リビングとキッチンをぐるぐるパトロールしてました。すーもの後ろをついてまわるはるさまは目が合うとフーシャーをくりかえしてました。さてどうなるかしら。
すーもは朝もきちんとトイレでおしっことうんこをしていました。すごいなー、粗相はなし。
ごはんもゆっくり時間をかけてだけどちゃんと食べてる。えらい!
とくに困ったことはなし。
はるさまも…特に変わったところはないと思うけど、少々、不安のあらわれからわたしの回りに、距離を置いてだけど傍に来て居るなと確認します。これくらい。
ごはんもよくたべるし、よいうんこをしてます。

すーもは甘えん坊さんなので人見知りという心配はないようです。

夜、布団を敷く前に空気の入れ替えで全部屋のドアをあけます。そのときに、二度目のはるとすーもの対面です。びっくりするくらいの運動会がはじまり、最初ははるおが追いかけていたのに、はるおが後ろを向いた瞬間すーもがチョッカイをだしてまた追いかけ回る、の繰り返し。
はるおはフーシャーをまったくいわなかった!飛びかかられてもさらりと受け流し、楽しんでいるようにも見えました。
すーもが子供たちと寝るので和室を閉め切ると、はるおが心なしか寂しそうに部屋中を歩き回り、ときどきにゃあと鳴いて探しています…
はるおがこんなにもはやくすーもを受け入れてくれるとは思わず、ちょっぴり感激、感動。
すーもははるおのしゃーしゃーと体の大きさ、などなど、怖いようでしっぽぼーぼーにして横歩きしてました。はるおもそういう時期があった。懐かしい。


にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
                   

はるおとすーもの七日間戦争(3)


隙あらばけつを臭う男、はるお

1月19日(火曜日)
すーも朝から元気にぴーぴー鳴きます。この目でかりんとうのうんこを生み出す瞬間を見ました。立派、立派。かりかりごはんもゆっくりだけどしっかり食べています。水もよく飲みます。
朝お布団をあげるときに和室を開放したらさっそくはるがパトロールにやってきました。
すーものケージに向かってシャーフーと威嚇はするけど、距離が昨日より近いです。近づけるようになったみたい。昨日は和室に入ってすぐのところでフーシャーだったので。
抱きながらはるに「許してあげてください」と言ってみると「うううう、にゃむにゃむ」と猫語を話したので、猫って本当にしゃべるんだ!と思いました。唸りながら何かを訴えてました。
おそらく「あいついやだ!」とでも言ってるのでしょうか。
ゆっくりでもいいのですーもを受け入れてやってほしいです。
とにかくはるは鳴かない猫なので、鳴くといっても本当にちいさなちいさな声でにゃあと言うくらいで、ほとんど鳴いたりしないんです。それがいきなりしょっちゅうぴーぴーなく生き物が目の前に現れたら恐ろしいことこの上ないですね。
あの鳴き声にも徐々になれていってくれるといいなあ。
そしてすーもはすーもで、和室の範囲では彼女が過ごしてきた環境を考えると、あまりにも小さくて可哀想になります。今日はじめて足や手にまとわりついて噛んだりキックキックをしていたので、気ままな遊び相手がいないためストレスになってるんじゃないかという不安があります。
おもちゃで遊んでも限界があります。甘えん坊のすーもにはひとりきりの狭い部屋でずっと閉じ込められた環境はよくないように思う…困った。
第二段階へ移すべきかどうか、うーん、悩みどころです。
夫の部屋ははるのテリトリーなのでそれ以外の、廊下と子供部屋をすこしだけ徘徊させてみるのもよいかもしれない。

ペットショップ出身のはるおとキャッテリー出身のすーもとの、猫種の性格を省いた個々の素質の差が歴然です。
すーもは噛み付いてもきつくはかまないし、引き際を心得ているようにも思えます。それは家族や兄弟猫と育って来た環境が大いに影響していると思います。
しかしはるおの幼少期は噛み癖だけは本当に手に負えないくらい大変で、フラストレーションが溜まったときに爆発する攻撃性は半端なかったので(今はだいぶ軽減されてますが)それからするとすーもの噛み付きは単にじゃれついて遊んでいるだけとわかる程度です。
朗らかで腕白なすーもを見ていると、はるが我が家にくるまでの間、本当に過酷な環境にいたんだと改めて認識させられて胸が痛みます。そしてもっともっと愛そうと心に誓うのです。
(すーもははるが我が家に来たときと同じ月齢ですが、あきらかにはるのほうががりがりだった)

この頃わたしの傍を付かず離れずいるはると過ごしていると、どうしてもすーもは子供たちに任せっきりになるけれど、すーもはどうやら子供たち(とくにどうもお姉ちゃんがすき)と居る方が楽しいようで遊ぶときも寝るときも一緒です。なつっこい子なので本当にらくちんです。

寝る前に二度目のうんこ。いつみてもかんりとうにしかみえない。すーも賢い子。

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
                   

はるおとすーもの七日間戦争(2)

 

1月18日(月曜日)
娘がすもものうんちで目覚める。寝ている際に髪の毛も食われた模様。懐いてよかったじゃないか。
すももちゃんとトイレでしてました!かしこい…なかなかの大物になるんじゃないか?
はるおに遠慮してすももと呼んでいません。切ない。こっそりすももとかすーもと呼ぶけど、わかってくれるかしら。
すももは今のところ和室の部屋で隔離しています。すももに会うときは触らなくてもすももから傍へ来てくれるのでよかった。
はるのときは探し出すのに大変苦労した記憶があります…だって、はるは赤ちゃんのときから膝に乗るなんてありえないクールな猫でしたから。
すももはその逆を突っ走ってます。
とにかく誰かが傍にいないとぴーぴー鳴いています。そして甘えん坊。そしてお転婆。

今朝掃除のとき和室を開放していたけれどケージが気になるけど気になるだけで寄り付きもしませんでした。
はるは掃除機が苦手なので高台から高みの見物です。(避難してるだけ)
その後すももぴーぴー言うので、はるが炬燵の中へ入ったのを見た隙にすももと会う。
なんだか浮気相手と逢い引きしているような気分になり…!!なんだか後ろめたい気分になります。とくに襖から出た瞬間、待ち構えていたはるさまと目が合ったときとか!どきっとするね。心臓止まるかと思ったよ。

すもも、見てる前でおしっこもしてました…こいつァ、強者だァ。しっかり褒めてあげました。
そういえば、はるもトイレやごはんに関してまったく手がかかっていません。すもももこの調子でいってくれればいいのだけど、すもももも(そんな漫画あったな!)

ごはんは一日三回ですが、我が家に来たときから一発食いのはると違って、すももは食べられるときに食べていたこともあり、気が向いたら食べるという感じ。
少しずつ一発で少しでも食べられるようになってほしい、そう仕向けようと思ってます。
でないとはるに食べられてしまうぞ…!
食べないわけではないので、本当に良くできた子です!

はるはだっこ嫌いな子だけど、今日はだっこされても嫌がらず、おりたがらず、これは人間の子供でいう「赤ちゃん返り」と言うやつか。
だっこをしてこれは○○よ〜と言いながら話かけてします。端から見ればおかしな感じですが。


子供たちが赤ちゃんのころお世話していたときの気分で、すもも(もちろんはるも)と接してしますが、こんな感じやったかなと懐かしい気持ちで猫育てをしています。
子供たちも大きくなったのでよく手伝ってくれて本当に助かります。そしてパパも。
一番頑張っているのははるです。ありがとう。

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
                   

はるおとすーもの七日間戦争(1)



1月17日(日曜日)
話は遡ると秋ぐらいから「もう一匹猫投入計画」をじわじわと練っていました。
できればペットショップではなくキャッテリーさんから引き取らせていただこうと考えていたところ、いろいろあって「もう一匹猫投入計画」が薄れていったときに、理想の子を発見!…したのは夫でした。
迷うこと一時間くらい(早い!)メールで連絡をとり、17日に見学という形で申し込ませていただきました。
しかし見学だけとは名ばかりで、当日になる前から既に引き取る気持ちでいたので(夫にはどうしようどうしようと言っていたのだけど)…きっと会えば気持ちも固まると思ったんですよ。
けれど実際キャッテリーさん宅へ行き、お父さんお母さん猫、お姉ちゃん猫、姉妹猫を見せていただいたら、こんな幸せそうな家族から一匹引き取らせていただくことに申し訳ない気持ちになったり、でもますます責任感というものを強く感じたり…
正直複雑な気分でした。
とくにまだおっぱいを飲んでる(離乳しているけれど)(というかお母さん猫に怒られても銜えているとか)話を聞かせていただくとね、やっぱり、引き剥がして連れてきてしまうので、ごめんなさいという気持ちと大事にさせていただきます、そんな気持ちを拙い言葉でしたがお伝えしました。

すももという名前はわたしがつけました。
他に「うめ」とか「ゆず」とかあったんですが、決まった夢しかみないわたしが猫の夢を見て、その中でずっと「すもも」と呼んでいたので、すももになりました。単純すぎる。
あだ名はすーもです。すもすもすーも、のすーもです。

すもも、帰り道は特にパニックになったり暴れたりせず、時折ピーとなくけど蚊の鳴くような小さな声でほとんど寝ていたので、なかなか肝の据わった女です。
帰宅後はるおとはケージ越しにご対面。案の定、はるおはケージ越しにフーシャーを繰り返す。まあ良い。それは許容範囲である。
そしてすももにはよく噛まれる…はるの幼少期を彷彿させる行動に悪夢が過る…ま、まさか!とびびるわたし。
しかし良く観察してみると、どうやらおっぱいを探しているよう…もみもみしたりする。恋しいのだろう。もみもみをみるたび切なくなる。

はるおとの関係からすーもはすばらく子供達にまかせることに。すーもも子供達が大好きで一緒になってはしゃいでいる。
この日の夜は、子供達とすーも、三人一緒に朝までぐっすりお休みしました。
なかなかいいかんじ。

一方はるおは、今のところ何かがいる!と不穏な空気を感じ取っている以外は、おかしな行動はみせていません。小さいときから思っていたことだけど、はるおは本当に我慢強い子、そして優しい。
いろいろありがとう。

すももは
スコティッシュフォールドの女の子
11月11日生まれ

OPのゾロと一緒!(笑)

すーもメモ
体重は計測不可能
おそらく1キロはあると思うので、固形ごはんを一日60グラムあげています。
よく食べてよく水を飲み、よくあそぶ、元気な女の子。
ユーカヌバ子猫用 チキン味
はるおの幼少期はロイヤルカナンのキトンをあげてました
ユーカヌバ子猫用はカナンキトンに比べて粒が小さいような…あと匂いがあまりしない。
カナンキトンはむっちゃ美味しいにおいしてたから思わず食べてみたい衝動に駆られたことも。
飽きるようだったらカナンキトンに変えようかな、と思ってます

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
                   

| 1/1PAGES |

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

profile

selected entries

categories

Recent Comment

Archives

Links

Twitter

Recommend

Recommend

Recommend

Others

Search

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM